〜はじめに〜
 生命情報工学(Bioinformatics)コンピュータ生命工学(computational biology)
しばしば同義的にまた互換性を持って使用されています。
このサイトでは、これらの両方を含めた中で有用なツール、解析手法などを示して行きたいと思います。
生命という莫大な情報を数的な情報として捉え、
効率よく処理し、それをまた展開し、意味のあるものにする。
これらの効率よい理解を進める為の指標になるサイトとしていきたいです。

 生命情報工学(Bioinformatics)コンピュータ生命工学(computational biology)
生命情報工学(Bioinformatics)は、生物学的データの管理と分析から起こる
実用的な問題を解決するために、より適切にアルゴリズム、コンピューティング、
統計的テクニック、および理論の創造と拡充していくという事についての学問です。
 一方、コンピュータ生命工学(computational biology)は生命のシミュレーションを行う、分野だといえます。 
(Bioinformatics)は情報、コンピュータ生命工学(computational biology)はシミュレーションを
主の目的としたものだと考えると分かり易いと思います。
 国立衛生研究所では仮定義として同様な事を述べています。
この両方に共通のテーマはゲノム配列の生物学的手法により作り出されたデータ中から
役に立つ情報を抜粋する数学的ツールの使用です。
 DNA配列から、その情報の発現、生体内での調節までをデータ化し、実際に外部にどのような事が
発生するのかという事をトータルして捉える為、今回ご紹介するサイト、使用方法などを
参考していただければと思います。


このサイトは個人サイトです。
平日は時間ある場合寝る前の30分程、
及び土日の限られた余時間に更新しています。
これから更新していきますが、
上記の理由により更新の量が低くなる事をご了承下さい。

Under construction.