【感染症 (Infectious disease)】

Influenza A/H1N1(豚インフルエンザ情報リンク)


豚由来人感染型インフルエンザ(Influenza A/H1N1),豚インフルエンザ(旧名),インフルエンザA:概要

(この記事は2009年5月5日に作成されたものです。インフルエンザAに関しての知識と理解をより早く深める為のサイトです。医療行為については、必ず医師の指示に従って下さい。
2009年5月5日現在、その感染区域を拡大し続けています。(アウトブレイクマップ参照)現在WHO警戒レベルフェーズ5
※豚由来ということだけであり、市販の豚肉を食べて感染する可能性は殆ど0に等しいです。

◆豚インフルエンザ(インフルエンザA)アウトブレイクマップ (Swine Flu Outbreak Map)
2009年のH1N1インフルエンザのアウトブレイクマップ
2009年に確認されたInfluenza A/H1N1の発症を疑われたケースについて表現したマップです。 世界中からの共同制作者により各専門的技術(ヘルスケア、緊急事態処理・技術等)を用い製作されています。
彼らはできるだけ正確にこの地図を保管するように努力しています。
助力出来る方は、フォーラムにメッセージを( http://swinemap.org/forums )に出してください。
この地図は可能な限り早く、アップデートされています。

◆豚インフルエンザ(インフルエンザA)に関するFAQ

WHOよりインフルエンザAに関するFAQ情報が掲載されています。

◆予防法(Prevention)

インフルエンザウィルス予防対策にはマスク等粘膜へのウィルス分子接触回避が有効です。
更に一般的に風邪に対する対策と同じような対策が有効になります。
咳をしている方と距離を置く事、適度なうがい手洗いを慣行しましょう。

◆一般知識(Knowledge)

インフルエンザの一般知識は医師監修の書籍等により身に着けてください。
情報、及び適切な防御こそ感染防御への道です。

◆治療法(Treatment)

アメリカ疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)より、インフルエンザ対策としてタミフル、ザナミビルの処方が推奨されています。70%-90%の奏効性とのこと。情報ソースのアップデートを継続していきます。
詳しい処方(米国内)は下記に載っています。今後更新されていく可能性があります。
豚インフルエンザの感染が疑われた場合の処方の薦め(仮)
 Interim Guidance on Antiviral Recommendations for Patients with Confirmed or Suspected Swine Influenza A (H1N1) Virus Infection and Close Contacts.

◆インフルエンザ専門家による声明(H1N1 (Swine Flu)CDC influenza expert, Joseph Bresee, M.D.,)

CDCのインフルエンザの専門家、ジョゼフBresee氏(M.D.)による声明。

Swine Flu. Flash Player 9 is required.

◆日本:厚生労働省情報

日本の政府方針などが記載されています。医療関係者はこちらをご覧下さい。

◆日本:国立感染症研究所情報

WHO,IDSCによるインフルエンザAに関するが記載されています。

◆H1N1 info(インフルエンザA情報)



その他のまとめ・有用情報はNational institute of Health, Med line Plusおよび厚生労働省サイトよりどうぞ。
このサイトは最小限の情報のみ更新しています。

ウィルス感染抑制に効果がある品、医療従事者が購入している品を紹介します。




このサイトは個人サイトです。
平日は時間ある場合寝る前の30分程、
及び土日の限られた余時間に更新しています。
これから更新していきますが、
上記の理由により更新の量が低くなる事をご了承下さい。