Index (索引)

Archive (倉庫)

Slideshow

Cancer integrated by virus (ウィルス性発癌)

The Mechanism of cancer integrated by virus

ウィルスが介在する癌の発症メカニズム

ウィルスと発癌の関係を簡潔にまとめる。

【癌に関連しているウィルスが細胞周期及び細胞増殖に変化を与える因子の大別】

1.細胞周期を制御する核酸及び関連分子に関する制御作用
2.細胞関連増殖シグナル経路に関する制御作用
3.感染によるサイトカインなどの免疫系因子の継続的産生による炎症反応による介在
4.ウィルス自体のアポトーシスを防ぐ分子機構による、細胞・遺伝的プログラミングの変化(遺伝子、たんぱく質の変異)
5.他、感染体細胞内での遺伝子ウィルス分子による遺伝子損傷からの回復、複製、翻訳等機構への利己的介在による細胞内分子変異率の飛躍的向上

ウィルスにより持続的に乱された生体システムは時間を経てやがて発癌という形で生体異常として現れてくる。
HCV,HBV,HPV,HIVなども上記に挙げた系を何らかの形で歪めている。

Update (アップデート)

2017年11月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Photos

IMG_9027.JPG

本・モノを検索

Envirome Cat