Index (索引)

Archive (倉庫)

Slideshow

BaNZaI002 BioJapan2010 BTJ

Tweet !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”); BTJ HEADLINEにBaNZaIのセッションが紹介されました

BTJ /HEADLINE/NEWS 2010/09/15 SOLUTIONS 第1479号に

BioJapan2010にて10/1(金)に行われるBaNZaIのインタラクティブセッションを紹介いただきました。

以下日経バイオ橋本編集長記事より抜粋:

>>>>> 9月29日からBioJapanが始まります。例年にないユニークなセミナーとして注目し ているのが、米Acucela社の窪田良社長や中谷智子弁理士ら、新進気鋭の起業家、弁 理士、ベンチャーキャピタリスト、コンサルタントが登壇して、バイオ産業のこれか らの10年のために何が必要かを議論する「BaNZaIインタラクティブセミナー」です。

BaNZaIは、私も何度か参加させてもらったことがあるのですが、「日本発のシーズ を世界の患者に届けること」を最終ゴールに、バイオベンチャーにさまざまな形で かかわっている人たちが運営する勉強会というか、「結社」みたいな組織です(亀山 社中みたいと言ったら怒られるでしょうか?)。若手が中心なので、これまでとは一 味違った斬新な議論が聞けそうです。10月1日15時半から、パシフィコ横浜のDセミ ナー室で開催されます。 >>>>> BTJには他のセッションの案内も記載されています。 私達のセッション、セミナーと併せて是非他の素晴らしいセッションもご覧下さい。 セッションは全て事前登録無料です。 BTJ ウェブサイトはこちら→  http://biotech.nikkeibp.co.jp/

セッションの参加をお待ちしております

是非BioJAPAN2010に参加し私達のセッションに参加下さい。 事前のセッションへのご意見もお待ちしています。 【BaNZaIインタラクティブセミナー】 日時:10月1日 15:30~17:00 場所:パシフィコ横浜 BioJapanF205・206室(Dセミナー) 演題:現場からの「バイオ産業新生」のための総括と戦略  -これまでの10年から学び、これからの10年に活かす- BaNZaI(Bio active Networking with Zeal and Inspirer)

英語題タイトル:Overview and Strategy for Raising Bioindustry by Field People – . . . → Read More: BaNZaI002 BioJapan2010 BTJ

Harvard Business Review McKinsey Award 1959 – 2009

Tweet !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”); Harvard Business Review McKinsey Award 1959 – 2009

ハーバードビジネスレビューで毎年行われる、マッキンゼーアワードの1959年から2009年の総レビューを簡潔に載せています。 かなり内容が濃いのでお薦めです。時代の流れと共に進化した経営のエッセンスが凝縮されています。

誰もが名を知るPeter Ferdinand Drucker (ペーター・フェルディナンド・ドリュガー)(彼は精神科医フロイトなどにも会っています)をはじめとし、 イノベーションサイクルに言及し、最近超注目を浴びているGary P. Pisano (ゲイリーPピサノ)*2氏など そうそうたる面子の記事が記載されています。

彼らが言っている事は中国古典や日本の故事などにも通じる事もあり、 また今の時代を良く反映しているものもあります。どちらにせよ一読の価値は大いにあります。

私が一番驚愕しているのはEnriquez, Juan氏Ray A. Goldberg氏の記した、ゲノム関連の発展による影響や課題などの論文記事*3です。 2000年当時にこれだけ事細かに予測をするという事はなかなか出来ません。興味ある方是非読んでみてください。現状と未来分析が出来るはずです。

この冊子、経営に関わる方々には是非読んでいただきたいです。

*1ドラッガー研究所 http://www.druckerinstitute.com/ *2Gary P. Pisano at harvard business school http://drfd.hbs.edu/fit/public/facultyInfo.do?facInfo=ovr&facId=6530 *3.Enriquez, Juan, and Ray A. Goldberg. “Transforming Life, Transforming Business: The Life-Science Revolution.” Harvard Business . . . → Read More: Harvard Business Review McKinsey Award 1959 – 2009

中国の四大国有銀行

Tweet !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”); 中国の四大国有銀行

中国の四大国有銀行に関して、記事を書きました。

中国にビジネスで行かれる方も多くなってきたと思います。 簡潔に銀行について記しましたので、良かったら利用ください。

中国人民銀行(中央銀行機能に特化)とは別に、市中銀行機能を持つ四大国有銀行が存在する。

市中銀行

・中国農業銀行 ・中国建設銀行 ・中国銀行 ・中国工商銀行 以上が四大国有銀行である。 この4つの銀行が、中国全体資産の8割を集めている。

預貯金は人民元の他に外貨建てでの口座を開くことが可能。

銀行の体制移行

1994年には、専門銀行体制から商業銀行体制への移行が図られて、 現在の中国の市中銀行の基礎が築かれた。

中国人の両替制限

中国人には現在でも外貨の両替などに制限がある。 闇レート両替が後を立たない。

口座開設方法

口座開設に関しては、最低受け入れ額 1元 身分証明書 外国人の場合:パスポート、コピーの提出 外貨口座の場合、 最低受け入れ額20元

2010/09/07 TM KT [ad#enviromead]

Update (アップデート)

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Photos

92db3443-9dad-4f1d-82c5-4a6e6240907f

本・モノを検索

Envirome Cat